ブログ/予防

ブログ予防

狂犬病ってどんな病気?

予防接種のシーズンでもあり

検疫の特例措置などで、話題になっている「狂犬病」ですが

日本が清浄国になって期間が長いため、

どんな病気かご存知ない方も、多くいらっしゃると思います。

 

狂犬病、という病気の名称ですが

全ての哺乳類が罹る病気で、発症すれば確立された治療法はありません。

犬に噛まれて感染することが多かったため、この名称になったものと考えられています。

日本では1957年以降、国内発生はなく現在は「清浄国」として位置づけられています。

しかし全世界ではまだ毎年約5万人以上が死亡している、恐ろしい病気です。

 

初期症状は風邪に似たようなものですが

中枢神経を侵し、進行してくると神経症状が進み、

けいれんや多臓器の不全によって死に至ります。

発症すれば、ほぼ100%が死に至る病です。

 

検査をすれば感染は分かるのでは?と思うでしょうが

発症前にウイルスを検出し、感染を確定することは非常に困難です。

今までの経過や、潜伏期間(最大180日)をおいての観察が非常に重要となってきます。

潜伏期間・・・コロナと比べてどうですか?とても長いですよね。

現在、犬に咬まれた事故に対しては

「狂犬病ワクチンを接種しているか」

「接種していない犬では、狂犬病にかかっている可能性がないか」

を調べなくてはなりません。

細かな項目を何十個も、しかも期間を置いて何回か動物病院で確認します。

これは全て、「狂犬病に罹っていないことの証明」に必要です。

 

では何故、清浄国である日本で狂犬病ワクチンが義務化されているのか。

現在は世界と輸入・輸出で非常に密接な関りがあります。

検疫をおこなっているとはいえ、それは限られた動物のみです。

もし狂犬病ウイルスが日本に入ってきてしまったら・・・

 

新型コロナウイルスの流行で、集団免疫を獲得するために

多くの人々がワクチンを打ちましたね。

実は、日本の狂犬病ワクチン接種率は、それより低いのです。

咬傷による感染だとしても、流行してしまったら

「狂犬病ワクチンを接種していない」犬に

「咬まれる」ということは、「死に至る病」と直結するかもしれないのです。

もしも、は起こってしまってからでは手遅れです。

 

狂犬病予防法は厚生労働省の管轄です。

人を守るための、法律です。

自治体での犬の登録毎年の狂犬病予防接種

そしてその証明(犬に鑑札と済票を装着すること)は飼い主様の義務です。

それは、大事な家族であるワンちゃんを守ることにも繋がります。