避妊・去勢

一生の予防にもつながる「避妊・去勢」手術

犬や猫の避妊・去勢手術の目的は望まない妊娠を防ぐことだけではありません。
女の子であれば子宮や卵巣、男の子であれば前立腺の病気を防ぐ目的もあるのです。
これらの病気は年を重ねることで発症しやすくなることもあり、体力のある若いうちに手術をしておくことで病気の発症を抑えることができます。
さらに、攻撃的な性格を落ち着かせる効果もあるため、ケンカなどによるケガの減少にもつながりますので、非常にメリットの多い手術と言えます。

避妊手術(女の子)のメリット

  • 望まない妊娠を防ぐ
  • 子宮蓄膿症や卵巣腫瘍をはじめとした子宮や卵巣の病気を防ぐ
  • 乳腺腫瘍の発生率を下げる

※犬の乳腺腫瘍発生率は、最初の発情前に避妊手術を行った場合は0.05%ですが、2度目の発情前では8%にまで上がるというデータがあります。

去勢手術(男の子)のメリット

  • 前立腺肥大など、雄性ホルモンが関係する病気を防ぐ
  • 睾丸が陰嚢に下りていないケースでは、将来的な精巣腫瘍リスクを防ぐ
  • 犬のマーキングや猫のスプレー行動の予防効果が望める
  • ホルモンバランスが原因の高い攻撃性で起こるケンカを防ぐ

避妊・去勢手術に適した時期

避妊・去勢手術は、生後6ヶ月以降で正熟成してから行うことをおすすめしております。
ワクチンの接種や麻酔前検査など、手術を行うために必要な条件がありますので、手術までの日程を計画的に過ごせるようお早めにご相談ください。
また、手術は予約制となっておりますので、直接ご来院いただくか、お電話でご予約ください。

その際に手術の術式や料金、注意事項(食事管理・来院時間)についてお話します。